logo
Home

ゲット アウト 意味

、こんな風に「物」に対しても使えますし、 例文② A: Today my son Tony dropped my phone and cracked the sc. 『ゲット・アウト』どのような差別が描かれたのか?(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー) 『マジカル・ガール』日本の鬱アニメファンは必見!(映画ネタバレなし感想) 映画『秘密 the top secret』原作からの改変の意味とは?. 06 hellothailand 【ネタバレ&内容】映画『ゲットアウト(原題:Get Out)』恋人の実家へ挨拶に行ったら、とんでもなく恐ろしい家族だった。.

ディーン: 我々は両親の世話のためにジョージ―ナとウォルターを雇ったんだ両親が亡くなったとき、どうしても彼を手放すことができなかったんだよ 使用人のウォルターは両親を一生懸命お世話してくれたのかな、とか、ディーンの感情が入るような何かが彼にあるのかな、などど想像できるセリフです。 今回ご紹介したいI couldn’t bear it to「どうしても〇〇できなかった」、これは、対象となる人や物に感情が入ることで、どうしても何かができなかった. 。 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。 26歳の若い黒人男性クリス・ワシントンは、カメラマンでした。アフリカ系アメリカ人です。 恋人の若い白人女性ローズ・アーミテージとの仲も良好で、次の週末に両親に会わせたいと言われています。 ゲット アウト 意味 クリスが心配なのは、ローズが両親に「恋人が黒人だ」と告げていることでした。ローズは話しておらず、「その必要がある?」と聞き返します。 黒人差別は遠い昔のことで、今は黒人が大統領になる時代でした。 「私の父は、オバマに3期目があったならば間違いなく投票してるくらいのファンだ」 そう言われて、クリスは少し安心します。 車に乗り込んだクリスは、助手席で親友のロッド・ウィリアムスに電話をしました。 ロッドはTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)に勤務する警備員で、クリス同様に黒人です。クリスは旅行のあいだ、飼い犬のシドの世話をロッドに頼んでいました。 ロッドは「白人女の実家には行くもんじゃない」とアドバイスしますが、もう向かっている途中です。 道中、ローズが動物を轢きました。車を止めます。 轢いた動物はシカでした。車道脇の奥の茂みで動けなくなっており、それを見たクリスはどうすればよいか分からず、動物管理局へ通報し、警官がやってきます。 警官は運転していたローズだけでなく、助手席にいただけのクリスにも身分証を提示するよう要求しました。ローズはそれを「必要ないでしょ」とかばいます。 ローズの実家は、ポンタコ湖地区の山奥にありました。豪華な屋敷です。 茶色のレンガに茶色の屋根の広い屋敷に通されたクリスは、ローズの両親に紹介されました。 父はディーンという名で、神経外科医をしています。母はミッシーという名で、精神科医でした。 庭には庭師らしき黒人男性・ウォルターがおり、じっとクリスを見ていました。 屋敷内には使用人らしき黒人女性・ジョージナがいます。 歓迎した父. 「ゲット・アウト」Twitter口コミレビュー 『ゲット・アウト』 実は1回目観たときハマらなくて. 映画「ゲットアウト」は、日本で劇場上映された時はそれほど話題になりませんでしたが、低予算のインディーズ作品ながら、脚本・演出とも非常によく練り込まれた素晴らしい作品でした。 良い作品は、2回目、3回目と見返すと、さらにじわじわと面白さが染み渡るように体感できるといいますが、本作はまさにそういった「スルメ作品」の代表格。僕も、何度も何度も手元で確認するたび、ディテール描写や精巧に仕掛けられたメタファーの数々に嘆息させられました。おすすめなので、是非何度も見返してみてくださいね。 それではまた。 かるび. ゲット・アウトの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット. 16 『アトミック・ブロンド』は3つの意味でr15(15禁)の映画だった!. それは「憧れ」からでした。身体能力の高い黒人に、白人は「乗り換え」たがるのです。 失明したハドソンは、クリスの身体を得て再び世界を見たがっていました。 手術が始まります。 先にハドソンに麻酔をかけ、ハドソンの頭皮を剥いだ後、頭蓋骨を切断して脳をむきだしにしました。 その作業を父・ディーンがおこなっている間に、弟のジェレミーがクリスを迎えに行きます。 ぐったりしているクリスを車椅子に移そうとしたジェレミーは、クリスに殴られました。 クリスは催眠術にかからないよう、椅子の革の中身の綿をほじり出し、耳栓にしていたのです。 鉄球で何度もジェレミーを殴ったクリスは、ジェレミーの帰りが遅いので手術室から廊下へ出たディーンに、壁のはく製のシカの台座ごと持ち、角でディーンの腹を刺します。 ゲット アウト 意味 包帯に付着したアルコールが引火し、手術室は炎が上がります。 ジョージナと母・ミッシーと出くわしたクリスは、先に動いてカップを割りました。これで催眠をかけることはできません。 母・ミッシーがナイフで向かってきますが、左手でナイフの刃を受け、それを右手で抜くと、クリスはミッシーを刺します。 ジェレミーが追いかけて来てタックルし、クリスの首を絞. ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。 そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが.

目覚めるたびに、クリスの目の前にあるテレビがついて、ティーカップが鳴らされます。 クリスは何か対策がないかと考えますが、両手両足を拘束されており、できることは限られていました。悔しさに、クリスは革の椅子に爪を立てます。 別の部屋では、弟のジェレミーと父・ディーンが淡々と手術の用意をしていました。 ディーンは娘のローズを評価し、「お前の誘拐は乱暴だから、うまくいかないことが多い」とぼやきます。 ジェレミーは冒頭のアンドレの時のように、街で見かけた黒人を拉致してくる方法を取ります。それに対し、ローズは目当ての黒人に接近し、ハニートラップ(色仕掛け)を仕掛けるのでした。 ディーンたちは黒人をこのアーミテージ家に連れてきては、母・ミッシーの催眠術によって動けなくし(凝固法)、最終的には「脳の移植手術」を行なうのです。 老いた身体から、若い黒人の身体へ脳を移植するというのが目的でした。. こんにちは! 映画とゲーム、そしてカラオケ大好きなニャンコです。 前回のブログでホラー映画「アス」を紹介しました。. ゲット アウト 意味 ゲットアウトについて 以下、ネタバレです!!見た方に、ご質問します。ゲットアウトの題名の意味ついてです。劇中でフラッシュでカメラを撮影された黒人がクリスに発した台詞の「ゲットアウト」ここから出て行け、逃げろという意味なのでしょうか。それとも、黒人の魂というか脳. ゲット・アウト 年 104分. 本作は公開されるまで内容に関する発表がされていなかったため、どのような映画か 全くわからないまま鑑賞しました。 そのため、前述の伏線の数々を華麗にスルーしていたわけです。 しかし真相が全く見えない中で不気味な登場人物や巧みな演出もあり、退屈はありませんでした。 それどころか真相がわかる終盤の怒涛の展開で、今までの伏線が回収されラストまでダレることなく鑑賞できました。 昨今の音でビックリ系のようなホラーでなく、緻密な脚本と演出が光る良作です。 皆さんも是非ご覧ください。.

」という意味として多くの日本人は理解します。 不吉ですが、これは火事などが起きてしまったときに使う表現です。 しかし、実はこの「Get out of here! . ストーリーや設定について、本作をより深く理解するために要点となりそうなポイントについて、考察や情報をまとめています。内容上、映画を1度見終わった人向けのコンテンツとなりますので、ここからはネタバレ要素が強めに入ります。予めご了承下さい。 また、疑問点をまとめるにあたり、東宝東和から公式動画として提供されている、評論家・町山智浩さんの試写会トークセッションが非常に役立ちました。ネタバレを含む、非常に納得感のある解説が聞けます、まずはこちらを是非チェックしてみて下さい!. ジョーダン・ピールの初監督作品だった『ゲット・アウト』()。 初作品にもかかわらずその評価は非常に高く、数々の賞にノミネートされ、受賞してきました。 ここでは、賞コンペなどの客観的評価及び、私の私見を述べていきます。.

そんなに面白いかなって思っていた作品なんですが、久しぶりに観たら凄い面白かった! これは何回も見た方が面白いですね その方が前半の良さに気づける!. See full list on blog. See full list on asumi. クリスとローズが湖畔へ移動すると、アーミテージ家ではビンゴが始まります。 ところがこのビンゴ、みんな無言です。 取り仕切るのは父・ディーンで、脇にはクリスの写真が掲げられていました。みんな無言で指を立てて示す様子は、オークション会場の競りとそっくりです。 実際それは、クリスを出品したオークションでした。クリスを落札したのは、盲目の美術商ジム・ハドソンです。しかしそれが分かるのは、もっとあとのことです. タイトルの「ゲット・アウト」だって、マイノリティがよく言われるフレーズというだけでなく、「(自分の頭の中から)出て行け! 」 という意味にも受け取れたりするし、とにかく 隅から隅までよく練られている のです。. 母・ミッシーがカウンセリングをおこない、「フラッシュが引き金で発作を起こし、攻撃的になっただけだ」という診断を下します。 ローガンは元の温和な人物に戻りました。 やはり居心地が悪いと思ったクリスは、ローズと共に湖畔へ移動します。 そこでローズに、嫌なことを思い出すから早く帰りたいと、クリスは言いました。. そして、この作品は、1回で終わりにせず、是非2周目以降のリピートを強くおすすめしたいのです。一度ストーリーの全容を把握した後、もう一度最初から各キャラクターの何気ない仕草やセリフ、服装などをよーく観察してみて下さい。もう、登場人物の一挙手一投足に、「ああ、、そういう意味があったのか!」と符に落ちますので。 たとえば、いくつか例を挙げてみましょう。 まず、序盤のシーンから。アーミテージ家へ向かう道中、車を運転するのはクリスではなく、恋人、ローズでした。これって、違和感を感じませんでしたか? 引用:『ゲット・アウト』予告編 - YouTube クリスも、ラストシーンで車の免許は普通に持っているのですが、敢えて、ローズが運転するのですね。それは、クリスがアーミテージ家にとって「出荷前の商品」だからなのです。オークションを前に、商品価値を落としたくない。だから、ローズが大事に運ぶのです。また、アーミテージ家の家族たちが、クリスに執拗に禁煙を迫るのも同じ理屈ですよね。 あるいは、アーミテージ家でクリスが出会う奇妙な黒人たち。彼らは、全員白人の脳を移植手術されているのですが、その証拠に、彼ら.

」を敢えて「出てゆけ! 」と訳しましたが、実はというともうひとつ訳が存在します。. 「ゲットアウト」の意味とローガンの正体は?. That’s a durable blanket! 「ゲットアウト」が公開されました。 メインストーリーについてのネタバレは別記事に記載しているため、こちらでは触れきれなかったこと、および前回全く気づかなかった伏線について拾い書きしておきます。 とはいってもほとんどがブルーレイ版監督コメンタリーで触れられていること. アメリカ人にとって人種問題は、ぼくら日本人が考えるものよりはるかに身近で切実な課題だし、衝突しながらも米国は前に進んできた。年代にはヒスパニック系、黒人、アジア系、ダブルなどの有色人種が人口比で白人を逆転し、多数派になると予想されている。それは明るい未来なのか、そうではないのか。『ゲット・アウト』はこのような世相にハマッたのだ。 恋人ローズの母親はティースプーンを使った催眠術を操るのだが、これも海の向こうの観客が観ると笑いのツボになる。銀のスプーンをくわえて生まれてきた赤ん坊は裕福で幸せになれるという言い伝えがあるため、ヨーロッパでは出産祝いにしばしば銀のスプーンが贈られる。ローズの家も確かにお金持ちなのだけれど、その富はどこから得たものなんだよっ、というわけだ。 完成間際の年の暮れ、ピール監督も予想していなかった事件が起こる。現状と未来に不満を抱く白人層の支持を背景に、世界の融和に異を唱えるドナルド・トランプが第45代アメリカ大統領に当選してしまったのだ。熟考のすえ、ピールはラストシーンを撮り直した。 ソフトの特典映像に解説付きで収録されているけれど、もとのそれはオバマの時代でもダメだった現実を皮肉るような救いのないものだった。就任前から攻撃的な言辞をくり返し、その痛快さが人気の一因にもなっていたトランプ政権の誕生を受け、公開版のエンディングは希望を与えるものに変えられている。 世界はさらに悪くなるかもしれない。黒人と白人、双方の感情が理解できるピールは、自由を求めるひとへエールを送る幕切れにしたかったのだろう。ホラー映画だけれど、それだけではない。『ゲット・アウト』は幾重もの味わいがある作品だ。.

『ゲット・アウト』()は『招かれざる客』を下敷きにしながら、主人公をよりリアルな黒人に設定した。 『招かれざる客』と同じく黒人男性であるクリス(ダニエル・カーヤ)が白人の彼女の両親に挨拶する物語だが、クリスは決してインテリではない。. 「自分は人種差別なんてしない。だってオバマ支持だもの」。そんなセリフは欺瞞、というメッセージにグサリときた。27日公開の『ゲット・アウト』(原題: Get Out)(年)は、「米国では黒人として生きること自体がホラー」という皮. 本作は簡単に言えば黒人差別問題にホラーテイストを絡めたサスペンスホラーです。 しかし僕には従来の差別表現とはまた違ったものを感じました。 具体的には弾圧する側である白人が逆に黒人の体になりたがるという設定。 そして作中でも白人が黒人を称賛する場面がしばしば登場します。 本来であれば黒人を使役、監禁、殺害するなどがわかりやすい差別方法ですが、 本作ではそれがありません。 そこで考えられるのは現代と昔のライフスタイルの違いです。 昔の奴隷は肉体労働がほとんどですが、機械が発達した現代に置いて、 その用途はあまり意味を持ちません。 医療の発達による高齢化の社会で求められるのは健康な肉体。 ならばそれを白人に提供するのは黒人だというわけです。 このような考えが起こり得るかはさておき、根強く残る差別意識を 今風に描きたかったのではと感じました。 ちなみに本作はエンディングがもう一つあります。 それはラストシーン、クリスを迎えに来たパトカーにはロッドではなく警官が 乗っていて、クリスは殺人容疑で逮捕されるというものです。 監督は現代でも残る差別意識を描いたそうですが、あまりに救いがないため. When they died, I couldn’t bear it to let him go. 黒人のプロカメラマンであるクリス・ワシントンには、付き合って5ヶ月目になる恋人がいた。ローズ・アーミテージという美しい白人女性だ。彼らは将来の結婚への布石として、ローズの父、ディーン・アーミテージに会うことにした。未だ根強く人種差別が残るアメリカ社会では、黒人男性と白人女性のカップルは一般的ではない。彼らは自分たちが父や家族に受け入れられるか心配だった。 自宅に到着すると、アーミテージ家の人間は彼ら二人に理解を示し、逆に気持ち悪いくらい歓待してくれた。アーミテージ家の二人の黒人使用人がいた。彼らの仕草や立ち振舞を見ていると、クリスには挙動不審に見えて気味が悪かった。 慣れない環境下、若干の違和感を感じていたクリスは、その晩寝付けなかった。外の空気を吸おうと館の外に出てみると、クリスは深夜にすごい勢いでジョギングをする使用人に遭遇した。部屋に戻ると1Fではまだローズの母、ミッシーが起きていた。 彼は勧められるままにミッシーの催眠術にかけられてしまう。意識の奥底に自らが閉じ込められるイメージを見ていた。が、次の瞬間、気づいたら翌朝ベッドで目を覚ます自分がいた。 翌日は、アーミテージ家でローズの父、ディーンの知り合いを集めたパーティが行われた。パーティでのゲストは白人の富裕層ばかりで、クリスは居心地が悪かった。しかし、ゲストの中に1人だけローガンという黒人男性がいた。クリスは、ローガンに話しかけたが、その黒人らしからぬ立ち振舞いに不信感をおぼえた。 パーティで特にクリスに話しかけてきたのは、盲目の美術商、ジム・ハドソンだった。元カメラマンだったジムは、才能の限界を感じてから画廊オーナーとなったのだが、そこで彼は失明してしまったのだという。ジムは、前からクリスの作品を高く評価していたのだった。 パーティが終盤になると、ある事件が起こった。ローガンをスマホで撮影しようとした時、誤作動したフラッシュに過剰反応したローガンが、取り乱してクリスに襲いかかってきたのだ。クリスは、混乱してその場をローズと離れた。 しかし、クリスが離れている間、恐るべきことが起こっていた。なんとディーンは、ビンゴ大会を装い、クリスを人身売買のオークションにかけていたのだった。競り落としたのは、盲目の美術商・ジムだった。 気味が悪くなったクリスは、パーティが終わると、ローズを促して帰ろうとしたが、ロ. しかしその後、 鼻血 を出しながら「ゲット・アウト!」と絶叫します。 タイトルにもなっているこの「ゲット・アウト」という言葉は、日本語で「出て行け」という意味です。 急に怒ったことや、その言葉に潜んだ意味が気になりますね。. タイトルの「ゲット・アウト」ですが、これには複数の意味が含まれています。 これは本作を最後まで観ればわかるのですが、重大なネタバレになってしまうので詳細は伏せておきます。. 本作は、まず純粋にストーリーそのものが面白いです。序盤~中盤こそ、いわゆる低予算系脱出・脱獄ホラー映画に典型的な展開で進みます。すなわち、許嫁のローズと結婚前の挨拶にアーミテージ家を訪れた黒人の主人公・クリスが、アーミテージ家で様々な不可解な出来事に遭遇するうち、囚われの身になっていくという展開ですね。 笑いながら泣く!怖すぎる使用人ジョージナ 引用:Get Out - In Theaters This February - Official Trailer - YouTube 中盤までは、主人公クリスが、アーミテージ家のメンバーや、そのゲスト達の言動の異常性を目の当たりにするたび、鑑賞者である我々もなんとなくゾクゾクッとする薄ら寒さを感じ・・・といった感じで、ホラー映画らしい気味の悪さが積み重なっていきます。 いわゆるサイコパスに追い詰められる、密室モノ猟奇殺人系なのかな・・・?と思って見ていると、終盤の入り口に差し掛かったあたりからがすごかった!ここから、意外性あふれる怒涛の展開へ進んでいくんです。 実は、許嫁のローズも含め、アーミテージ家のメンバーは家族ぐるみで伝統的に黒人.

【例文】Get out! 1000万語収録!Weblio辞書 - get-out ゲット アウト 意味 とは【意味】脱出の手段,逃げ口上. 『ゲット・アウト』()で描かれた事の真相はこうでした。 裕福な白人の中には、身体能力の高い黒人のポテンシャルを欲する者がいました。 彼らは、能力の高い黒人に目を付け、彼らと自分達の脳を交換しようと企てます。 アーミテージ家は黒人を手に入れるための実行部隊。 家族ぐるみで黒人を家に連れ込んでいきます。 そして、催眠術をかけて洗脳し、脳を交換手術してしまうというやり方でした。 また、親睦パーティーは、黒人の体を欲する白人達がオークションを行う場だったのです。 ゲストはみな、クリスが"良い素材”かどうかじっくり観察していました。 ディーンはオークションを実施し、競り落とした人間がクリスと脳交換する権利を得るのです。 ローズがクリスと付き合っていたのも、クリスを実家に連れ込み催眠をかけるため。 アーミテージ家がおかしいと、クリスはローズに言い続けてきましたが、ローズも異常者でした。 最初からだまされていたクリス。 拘束され、手術の日を迎えた彼は、一瞬の隙を突いて家を脱出します。 最終的にアーミテージ家の人間はみな死に、助けに来た友人ロッドと共にこの場を離れました。 このように、異常性この上ない本作。 信じていた者に最初からだまされていたクリスのショックは、到底想像できるものではありません。 さてここからは、本作に散りばめられた伏線をみていきます。 アーミテージ家の秘密に関するものや、黒人差別問題に関するものが各所で見られる本作。 以下、伏線となっている部分を紹介していきます。. ゲット・アウトは急に幽霊が現れて怖がらせるなどのホラー映画とは違う怖がらせ方です。 少しはそのような急にビックリするシーンはあります。 だけど基本的には不可解な行動をするキャラを見て 不気味さを感じるという怖さが前面に押し出たホラー. See full list on minority-hero. 映画レビュー. 一般の、小振りなハリウッド映画の1/4以下、製作費500万ドルという低予算作品なのに、アメリカでは興収1億7600万ドルという大ヒットを記録! 加えて監督もキャストも新人で、賞レースでは無視されがちなホラー映画であるにもかかわらず、今年の第90回アカデミー賞で、作品、監督、脚本、主演男優の主要4部門にノミネートを果たし、ついには脚本賞を受賞してしまった。ジョーダン・ピールの初監督作品『ゲット・アウト』は、昨年のアメリカでいちばんの話題を振りまいたといってもよい注目作だ。なぜこれほどの成功を収めたのだろうか。 主人公は黒人カメラマンのクリス(ダニエル・カルーヤ)。恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の提案で、ふたりは彼女の実家へ挨拶に行くことになる。 白人の両親が黒人の自分を受け入れてくれるか不安に思うクリスだったが、ローズは「パパはオバマ大統領の熱心な支持者なの。肌の色でひとを差別なんてしないわ」と話し、実際、田舎で裕福な生活を送る両親はクリスを歓待してくれた。周囲の住人たちも優しくていいひとばかりだ。 ゲット アウト 意味 けれどもやがて、満面の笑みを浮かべる彼らを前に、クリスの心に疑念が生じる。 この居心地の悪さはなんだ? 何かがおかしい。この家族はヘンだ。 こうしてクリスはその邸宅で、想像を絶する事態に直面することになる。 ポスターやソフトのジャケット・デザインでも分かるように、この『ゲット・アウト』(出ていけ!の意。どこから何に出ていってほしいのかは鑑賞後に分かる仕掛けになっている)は、ブラックとホワイト、黒人と白人の対立と共存をテーマにしたサスペンス・ホラー作品だ。. See full list on hm-hm.

【タイトル】【ゲットアウト】 【監督】 ジョーダン・ピール 【出演】 クリス/ダニエル・カルーヤ ゲット アウト 意味 ローズ/アリソン・ウィリアムズ ミッシー/キャサリン・キーナー ディーン/ブラッドリー・ウィットフォード ジェレミー/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ ロッド/リル・レル・ハウリー 【日本公開日】 2017年9月17日. ゲット・アウト()の映画情報。評価レビュー 2808件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ダニエル・カルーヤ 他。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどを手掛けてきたプロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作に名を連ねたスリラー。恋人の実家を訪ねた黒人の青年. See full list on screenonline. 分かり合えない者とは関わらない方がよいというのは、万国共通の認識でしょう。 腫れものに触れまいと、両者は徹底的に線引きをするのです。 白人と黒人の問題もまた、これと同様のことが当てはまります。 線の内側で自尊心を肥大させながら、同時に自虐的でもあるという、二律背反。 それでも、互いに交わらなければならないときもあるでしょう。 このとき、両者は共に"外面”という盾を作り上げます。 『ゲット・アウト』()は、盾のしのぎ合いが最悪の結果に進むケースを描いた作品。 注意深さと皮肉さを持って見れば、一層奥深く楽しめる一作です。 本作の他にもホラー映画のおすすめを紹介しています。 とにかく怖い!最恐ホラー映画の人気・おすすめランキング!!【名作・最新作】. アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。 ゲット アウト 意味 ブルックリンの住宅街で、夜に恋人と携帯電話で通話しながら歩いていた若い黒人男性アンドレ・ヘイワースは、不気味な白い車がゆっくりと車道で自分を尾行しているのに気付き、電話を切ります。 車がUターンしてきたので、足早にその場を去ろうとしたアンドレは、車中から出てきた者たちに襲われ、気絶しました。 アンドレはそのまま、車のトランクに閉じ込められ、連れ去られます.

. 本作の製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。そして、監督・脚本を務めたのは、なんとアメリカのお笑いコンビ、キー&ピールのジョーダン・ピールと、世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、 じわじわ迫る「恐怖」とあっと驚く「結末」が待ち受ける、 今まで誰も観たことないオリジナリティ溢れる作品を作り上げました。 低予算ながらも全米初登場でNO.



Phone:(898) 866-9993 x 4836

Email: info@lpgg.sarbk.ru